ゆだるせっかち主婦のブログ
ふるさと納税

【ふるさと納税】ペイペイ商品券って何?観光や旅行に使える返戻品、店舗で選べるから使いやすい

現地で使える商品券型の返戻品が便利!電子マネーで決済がスームーズ

2022年11月29日から電子マネーの【paypay】とふるさと納税サイト【さとふる】が連携した新サービス≪paypay商品券≫が始まる

ふるさと納税の返礼品で頂いた商品のレビューや気になっている返戻品の紹介をしているYUDARUです。

ふるさと納税の疑問や他の返戻品はこちらからご覧いただけます。

記事の内容は記事を書いた時の情報のため変更する可能性があります。

今回はふるさと納税を現地の店舗や施設で実際に手にっとって返戻品を選んで買えるPAYPAY商品券を紹介します。

PAYPAY商品券とは何?

paypay商品券とは、ふるさと納税サイト≪さとふる≫に掲載されているpaypay商品券を電子マネー「paypay」で購入し寄付をした自治体の、指定された飲食店やホテルで使うことがるできる商品券のことです。

この商品券を購入すれば旅行先などで商品を手に取って選んで購入することができたり飲食、アクティビティ、宿泊施設などの決済に活用できます。

寄付額

1,000円〜500,000円まで全15種(予定)から、寄付額の3割の金額が

「PayPay商品券」として利用できます。

※ 自治体により寄付額が異なります

icon image

電子マネーだから携帯があればOK持ち運びに便利なのも魅力的ですね.

paypayってどうやって使うの?

paypay商品券を購入するには、電子マネーのpaypayのアプリがスマホにインストールされていれば簡単に購入することができますが、まだアプリを持っていない方はこちらからインストールして準備しましょう。

paypay商品券はどこで買うの?

paypay商品券はペイペイをインストールしてあるスマホでふるさと納税サイトの≪さとふる≫の公式ページやyahooショッピングの「さとふる公式ページ」で購入することができます。

paypay商品券使える治体

2022.11.29~購入開始となったばかりなので今の所掲載されている自治体は少ないですが掲載自治体はこれから順次増えていくようです。

2022年内に導入予定自治体

北海道小樽市、千歳市、富良野市、登別市、森町、倶知安町、白老町、洞爺湖町、

安平町、むかわ町、釧路町、弟子屈町、山形県米沢市、栃木県日光市、

石川県七尾市、愛知県岡崎市、南知多町、三重県伊勢市、

京都府亀岡市、京丹後市、兵庫県豊岡市、奈良県奈良市、山口県長門市、

香川県高松市、愛媛県今治市、福岡県太宰府市、朝倉市、熊本県小国町 他

年内導入予定自治体(2022年11月14日時点)

年内に約30自治体で導入し、約8,000店舗以上の店舗・施設での利用開始を予定されているので、旅行先や出張先などで気軽に利用が可能になりそうですね。

paypay商品券のメリット・デメリット

メリット

商品を手に取って選べる

電子マネーで簡単決済

商品券を持ち運びしなくてよい

その場で寄付してすぐ使える

paypay商品券の最大の特徴は、電子マネーで簡単に決済ができて、旅行先などの現地で商品などを手に取って選べることです。

また事前に寄付をする必要がなく、その場で寄付し、すぐ利用できるため、観光や旅行で地域を訪れた際に気軽に利用することができます。

デメリット

有効期限ある

スマホがないと使えない

この商品券には寄付から180日後までの有効期限がるので、事前に寄付をして使うのでは有効期限が切れてしまう恐れがあります。

icon image

有効期限切れを防ぐため使うその場で寄付をするのがおすすめ

スマホで決済をするため、当然ですがスマホが使えない状態にあると決済することができません

まとめ

電子マネーのpaypayユザーにはおすすめの≪ふるさと納税≫の返戻品を紹介しました。

便利なpaypay商品券は旅行先や出張先など使えるお店を見つけたらその場で寄付できるので手軽で簡単!

icon image

利用できる自治体もこれから増えていくのでぜひチェックしてみてください。

ふるさと納税の限度額計算はこちら

ふるさと納税をしたいけど限度額がわからない!

各ふるさと納税サイトで年間のふるさと納税に使える納税額のシュミレーションで自分の納税上限額を今すぐ確認!

 

ふるさと納税サイトで寄付の上限額の確認

↓↓↓↓

いまなら「さとふる」で初めての寄付をするとPAYPAYポイントが14%も還元されるお得チャンスです。

関連記事見出し