ゆだるせっかち主婦のブログ

ふるさと納税【特集】 PR

ふるさと 納税 同じ 自治体に何度も寄付して大丈夫?制限はないの?

ふるさと納税同じ自治体に何度も寄付
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

・ANAふるさと納税

5個以上の返礼品をワンストップ特例申請でもらってみた

ふるさと納税の返礼品で頂いた商品のレビューや気になっている返戻品の紹介をしているYUDARUです。

ふるさと納税の疑問や他の返戻品はこちらからご覧いただけます。

記事の内容は記事を書いた時の情報のため変更する可能性があります。

ふるさと納税は同じ自治体に何度も寄付できるのか?結論、ふるさと納税は寄付限度額内でしたら制限なく全国の自治体から返礼品をいただくことが可能です。

もちろん同じ自治体に何度も寄付をすることが出来ます。

ただ毎年会社で確定申告をして貰っている方は注意!5つ以上の自治体に寄付をすると確定申告をしなければ控除を受けることができません。

自身で確定申告

寄付限度額内で自治体の制限なし

会社で確定申告

5自治体以内で寄付をしワンストップ特例申請を受ける

寄付限度額内の金額制限、回数制限なし

ふるさと納税の税金の控除を受けるには納税の申告が必要になってきます。

会社員の方は会社で確定申告を行ってもらっている方が多く自身で確定申告に行くには書類作成の手間や会場に行く手間もかかるのでできれば行きたくないですね。

そこでワンストップ特例申請(自治体から送られる簡単な申請書を記入し身分証明書のコピーを添付して寄付した自治体に送付するだけ)をすれば1月〜12月に寄付出来る自治体が5自治以内という条件で確定申告が不要になります。

詳しくは⇓

ワンストップ特例申請を実際にやってみた
≪ふるさと納税≫ワンストップ申請方法を実際にやって解説!簡単記入で送るだけふるさと納税のワンストップ特例申請のやり方を解りやすく実際の写真で説明!これさえ見ればふるさと納税のハードルが下がります。確定申告せずに税金が還元されるから必見!!この記事の他にも実際にもらった返戻品のレビューやお勧め返戻品を紹介しています。...

自身で確定申告する場合は制限がないので何度も同じ自治体に寄付出来ることがわかりました。

会社で確定申告する場合も5自治体以内ならワンストップとく例申請が可能なので1自治体に何度でも寄付することは出来るということはわかりましたね。

そこで今回は、ワンストップ特例申請で納税の申告ができる5自治体について詳しく解説をしていきます。

疑問

5自治体とは何か?

限られた自治体で返礼を探すには?

おすすめの自治体は?

5自治体って何

5自治体とは5つの区市町村という意味です。

1月〜12月までの間に寄付限度額の範囲で5つの区市町村の中で寄付をすればワンストップ特例申請が出来きます。

1つの自治体での回数や金額には限度が無く何度でも寄付をして返礼品をもらうことができます。

例えば寄付の限度額が8万円あるとします。

この8万円を一万円づつ5自治体で使おうとすると3万円使えなくなってしまいますが、1自治体の寄付金額と回数に制限がないので、既に寄付をしている5自治体に複数回にわけて寄付をし返戻品をもらえば5自治体で8万円の寄付をしてワンストップ特例申請し控除を受けることができます。

ふるさと納税

限られた自治体で返礼品を探すには?

全国の自治体の中から厳選した5自治体を探すのって結構大変で、ほしい返礼品を探して寄付をしていくとあっと言う間に5自治体コンプリート!!

残りの限度額内で寄付をもう少ししたいのに既に寄付した5自治体の他の返礼品に魅力的な商品がない!

これ結構あると思います。

私が寄付限度額以内で5自治体に収める方法とは?

最初の5自治体をほしい返礼品重視で選ぶと選択肢選択肢が限られてくるので、自治体の取り扱いが多いい【ふるさと納税サイト】を使って返礼品多い自治体を一つ選んで寄付をすることです。

あとは4自治体は返礼品重視で選んでも1自治体目に返礼品の多い自治体を選んでいるのでで、その中から返礼品を選べば5自治体で寄付限度額いっぱいまで悩まず選ぶことが出来ます。

サイトを一つにして管理をしやすくする

寄付した自治体と返礼品の金額と品物を一覧にする

取り扱い自治体が多いサイトを選ぶ

ふるさと納税サイトを複数使って寄付する場合、手続きに慣れていて管理ができれば良いのですが、管理ができず寄付額をオーバーしてしまったり6自治体以上になってしまうワンストップ特例申請が利用できなくなり結局確定申告に行かなくていけなくなったり寄付限度額をオーバーした分は控除されないので余分なお金を払ってしまうことになってしまいます。

なるべく1つのサイトで管理することをおすすめします。

ふるさと納税サイトの中には寄付限度額を設定して管理出来るサイトあるので、そのようなサイトを選ぶとより管理しやすくなると思います。

そこで私がおすすめの取り扱い自治体数が多いふるさとの税サイトは、楽天・ふるなび・さとふるです。 貯まるポイントの種類や、使い勝手の良さは初心者にもおすすめ

おすすめふるさと納税サイト特徴

自治体登録が多い→楽天yahoo(さとふる・ふるなびさとふるふるな

寄付額の管理画面がある→楽天さとふるふるなび

PayPayポイントが貯まる→yahoo(さとふる・ふるなび)ふるなびさとふる

楽天ポイントが貯まる→楽天市場ふるなび

Amazonギフトが貰える→ふるなび

楽天ふるさと納税

【ふるさと納税サイト】でよく耳にする《楽天ふるさと納税》は取り扱い自治体はふるさと納税サイトの中でも上位の取扱数です。

また楽天で買い物する感覚で寄付が出来きて、寄付額によって買い物にも使える楽天ポイントも貯まるので楽天会員の方は、迷ったら楽天で寄付するのが間違いないでしょう。

取り扱い自治体1565

一年間の寄付詳細が確認できる

楽天以外での寄付も管理できる

さとふる

「さとふる」はテレビCM等の効果もあり知名度が高いサイトですが、実はソフトバンクグループ会社です。

そのため、ソフトバンクトとyahooジャパンの両社によって設立された「paypay株式会社」のpaypayポイントと連携したキャンペーンが多いのもさとふるの特徴です。

自治体の掲載数も多くその数1200自治体以上、毎年増え続けています。

取り扱い自治体1221

一年間の寄付履歴が確認できる

寄付受領証明書がいつ届くか確認ができる

ふるなび

「ふるなび」は掲載自治体数が多いのも特徴の一つですが、なんといっても「ふるなび」で寄付するともらえるポイント「ふるなびコイン」がamazonギフトやペイペイポイント等のポイントに交換が可能、また家電の掲載が多いのも「ふるなび」の特徴です。

楽天、yahooショッピングは使わないけどamazonはよく使うという方等にお勧め納税サイトです

「ふるなび」は他のふるさと納税サイトにはない独自サービスが充実

ふるさと納税以外の買い物や旅行で「ふるなびコイン」を貯めることができるサービスが満載です。

取り扱い自治体1000以上

寄付額を管理できる

yahooショッピング

さとふる、ふるなびも1000自治体以上と多くの取り扱いをしていますが、この2つのサイト実はyahooショッピングで利用できるので、yahooショッピングで探せば大体の返礼品を見つけることができます。

yahooショッピングにある返礼品を他のサイトで探すと掲載されていないことはありますが、他のサイトの掲載品がyahooショッピングに乗っていないことはほぼないのでかなりの掲載数だと思います。

またyahooショッピング同様、寄付でもpaypayポイントがもらえるので普段の買い物がyahooショッピングならお得に寄付することができます。

さとふる・ふるなびが取り扱っている自治体から選べる

寄付額が管理できる

5自治体に収めるにおすすめ自治体

ふるさと納税をするサイトを選んだら、次のステップはどこの自治体を選べばよいのか?ですね。

返礼品の種類が多い自治体を5自治体のひとつに選んでおくと返礼品を選びやすくて良いのですが返礼品が多い自治体を単純に選べば良いのか?

実はふるさと納税は各自治体ごとに扱っているふるさと納税サイトが異なります。

そこで先程紹介した自治体の取り扱いが多い納税サイトを取り扱っている返礼品令和3年度の寄付額が多かった人気の上位5自治体をご紹介します。

楽天・さとふる・ふるなびは令和3年度のふるさと納税寄付額の上位5自治体全てで取り扱いあり!!

1位 北海道 紋別市(もんべつし)

令和3年度寄付受け入れ額→152億9700万円

北海道紋別市は日本海に面しているため、新鮮なズワイガニやホタテ等の海産物が豊富に取れます。

魚介類や海産物が好きな方は是非抑えておきたい自治体です。

紋別市おすすめ返礼品

楽天のふるさと納税総合ランキングに2020年・2021年連続で1位を獲得したオホーツク産の大粒のホタテの貝柱は水温の低い荒波で育つため養殖にない凝縮された旨味が作られ採った後は、さらに臭みを抑えて旨味を引き出す加工後に冷凍処理がされます。

一つが大きいのでホタテがメインのステーキやカルパッチョ等、贅沢に使うのがおすすめ。


小粒で皮が薄く舌に残ることがない鱒のいくらの醤油漬け濃厚な旨味と甘みが特徴です。

ご飯にたっぷりかけたり、お酒のおつまみにも!

本ズワイガニの殻をカット処理されている【しゃぶしゃぶセット】殻を剥かなくて良いから手間いらず。

しゃぶしゃぶ以外にも焼いたり天ぷらにするのも良いですね。

2位 宮崎県 都城市(みやこのじょうし)

令和3年度寄付受け入れ額→億1600万円

肥沃な土壌と温暖な気候に恵まれた地域で、新鮮な野菜や果物、お米、肉、などが豊富に生産されています。

都城市 おすすめ返礼品

都城市ふるさと納税で実績や企画が優れた返礼品が表彰される【都城市返礼品アワード2022】最優秀賞と部門賞(豚肉部門)を受賞した返礼品また主婦向け雑誌【ESSE】でも2021年《ふるさとグランプリ銀賞》を受賞。

4種類の豚肉が詰め合わせは真空かトレーが選べるセットです。

こちらのさつまいもの《紅はるか》は【都城市返礼品アワード202】青果・菓子部門の大賞を受賞しています。

長期間寝かせて熟成させ、従来のさつまいもより甘くなった紅はるかは定番の焼き芋から様々なお料理に!キャンプでのたき火やバーベキューでも活躍!

生乳たっぷり全8種類も入ったバラエティセット。

ヨーグルト・苺ヨーグルト ・季節のヨーグルト ・のむヨーグルト ・カフェオレ ・和紅茶オレ ・焦がしキャラメルプリン ・ミルクプリン 90g×4個

3位 北海道 根室市(ねむろし)

令和3年度寄付受け入れ額→億500万円

根室市は、北海道の東部に位置する市で、豊かな自然や海産物が魅力の地域で海産物が豊富また、太平洋とオホーツク海に面し、新鮮な海産物が豊富に取れる地域なので、カニやウニ、ホタテなどは、根室市の海の味覚として知られています。

根室町おすすめ返礼品

無添加むきたて塩水パック、冷蔵保存の新鮮なうにがとどきます。

粒がしっかりしている鮭のいくらは小分けパックが便利!


紅シャケ・沖獲れ鮭秋鮭の3種類の鮭が楽しめるセットはお得!

4位 北海道 白糠町(しらぬかちょう)

令和3年度寄付受け入れ額→億2200万円

白糠町は北海道の東部、釧路市の西隣で南は太平洋に面した、漁業と農業や酪農が盛んな町です。

太平洋沖の暖流と寒流が交わる絶好の漁場を有し、1年を通じて様々な海産物が水揚げされます。 なかでもシシャモや毛ガニ、ヤナギダコ、ツブ貝は、東京・築地市場や全国各地の市場へ出荷されています。

取り扱いふるさと納税サイト

楽天・さとふる・ふるなび・ふるり・auPAY


白糠町おすすめ返礼品

扱いやすいように小骨を取り除き、小ブロックにカットし、冷凍、真空パックにされたエンペラーサーモンは、お刺身はもちろんですが、カルパッチョやソテーで!

また、厚めにカットし強火で表面にカリッと焦げ目をつけたレアステーキがおすすめです!

歯ごたえのあるつぶ貝は刺身や甘辛煮はもちろん、爽やかな磯の香りを活かしてカルパッチョやパスタ、つぶご飯などいかようにも!


鮮度の良い水だこを生もみ、鮮度を保つため熱湯で処理し、こだわりの厚さ3mmにスライス後に凍結してるので、歯ごたえと、たこ本来の旨が抜群!

刺身の他カルパッチョやサラダ、唐揚げ、しゃぶしゃぶ、また、ホットプレートでほんのわずか焼いた焼きしゃぶしゃぶもおすすめです。

5位 大阪  泉佐野市(いずみさのし)

令和3年度寄付受け入れ額→億4700万円

「泉佐野市」は返礼品の還元率を高くし過ぎたり換金性の高い返礼品のを出してとにかく税金を沢山集めましたがこれを国が「やりすぎ」と判断し、ふるさと納税の指定自治体から外されてしまいましたが国と裁判を起こし勝訴!

2年間制度除外から2020年から再開した自治体です。

海産物、肉、果物と様々な返礼品が魅力で私も泉佐野市は何度も返礼品を頂いてる自治体でもあります。

泉佐野市おすすめ返礼品

低温熟成豚肉は甘みがあって臭みがないさっぱりしたお肉です。

ふるさと納税氷温熟成肉レビュー
ふるさと納税【肉】これは良かった5000円以下で熟成豚肉詰め合わせセット大阪府泉佐野市の返戻品「氷温熟成豚肉4種類セット」熟成された豚肉が数種類入っているお得なセットのレビュー!なんと1.2Kgも入って5000円使い切りサイズなのでとっても便利です。この記事の他にもふるさと納税の返礼品レビューやお勧めの返戻品の紹介を記事にしています。...

特大のむきエビは、解凍後も小さくならずプリプリの食感がたまりません。

泉佐野市ブラックタイガー返礼品レビュー
ふるさと納税、泉佐野市の冷凍むきエビ(ブラックタイガイー)がプリプリで特大!ふるさと納税の返礼品をもらいまくる「yudaru」です。今回は泉佐野市の高級ブラックタイガー冷凍した処理済みのむきエビ1kgをいただきました。箱いっぱいに入った海老ちゃん!楽しみです。この記事の他にも返礼品のレビューや≪ふるさと納税≫の仕組みなど初心者にも解りやすく解説している記事などを書いています。...

大人気の牛タンは、たんもと・たんさき・たんなかの3種類の味が楽しめます。

まとめ

いかがでしたか?同じ自治体で何度も寄付をすることが出来るのか?ということでしたが寄付「限度額内でしたら何回でも同じ自治体で寄付は可能だけど【ワンストップ特例申請】をするならば5自治体以内のなかで何度でも寄付をすることができます。

今回紹介した、納税サイトや自治体等を使えば限度額いっぱいまで無駄なく寄付ができると思います。

こちらは、2023年4月15日現在の情報となります。

申込期限や在庫状況により、提供を終了している場合があります。

また、お礼品の寄付金額も変更している場合があります。

詳しくはリンク先のお礼品ページをご確認ください。

ふるさと納税の限度額計算はこちら

限度額計算はこちら

ふるさと納税をしたいけど限度額がわからない!

年間のふるさと納税に使える納税額のシュミレーションで自分の納税上限額を今すぐ確認!

ふるさと納税サイトで寄付の上限額の確認

↓↓↓↓



お得キャンペーン情報

もっとお得にふるさと納税をしたい方はキャンペーンチェックを忘れずに

各サイトのポイント還元キャンペーンを上手に使って返礼品をもらえば実質2,000円の自己負担額も実質0円にすることも可能です。

サイト独自のポイントは他のメジャーポイントに交換が可能、キャンペーンの還元率によってサイトを選んで寄付をすればもっとお得になります。

2024年4月

ふるなび→最大30%

さとふる→最大14%

ふるさとプレミアム→最大15%

 

 

※右にスクロール

 

 

カテゴリー別返礼品

 

アイコンからレビューやお得情報などの記事を見ることできます。

 

ふるさと納税ブログ主婦の米紹介ふるさと納税ブログ主婦の家電紹介ふるさと納税ブログ主婦の麺類紹介
ふるさと紹介ブログ主婦の日用品紹介ふるさと納税ブログ主婦がスイーツ紹介ふるさと納税ブログ主婦がおすすめ観光紹介
ふるさと納税ブログ主婦がおすすめ肉紹介ふるさと納税ブログ主婦が加工食品を紹介ふるさと納税ブログ主婦が魚介おすすめ紹介

 

 

ゆだる 主婦の日常 - にほんブログ村
関連記事見出し